上手くなりたい人必見!バッティング上達に必要な要素

Uncategorized

どうも、
コウチです!

突然ですが、質問です。

あなたはバッティング上達に
必要な要素は何だと思いますか?

「センスとか技量でしょ?」
「天才的なスキルが必要だ」

そう思ったあなた。

その考えだと、
一生上達できません。

今回お話する内容は
とても根本的な話です。

この根本的な内容が
理解できれば、

バッティングの上達はもちろん、
人間的にも尊敬され、
チームやライバルから評価されます。

人間的にも大きく成長でき、
自信を持って打席に立ち、
安打や本塁打を量産する。

正にチームの主軸、主役になる。
それぐらい重要な内容です。

逆に今回の内容を知らずに
続けていくと…

毎日懸命に練習するが、
試合では中々安打が出ない。

「センスがないから打てない」

そう言って
投げやりなプレーを連発。

当然チームメイトからの評価が
高いはずありません。

いつしか監督から

「ほかの選手の見本にならない」

という理由から
チームを辞めるように
言われるかもしれません。

違うチームで野球を続けようとするも、
人間の性格はそう変わらないため

結果が出ず、やる気を失い
適当なプレーで
チームの足を引っ張る。

チームを転々と移籍を繰り返し、
最後はどこのチームにも入れず、

グランドの外から野球を見る日々。

「こんなはずじゃなかった」

と後悔するでしょう。

でも、安心してください。

今回の内容を理解し実践すれば、

チームに欠かせないピースになります。

ぜひ最後まで読み進めてください。

それでは、いきますね。

バッティング上達の要素とは?

どんな小さなことも大事にする

野球をする上で、

どんなことでも重要として行動する。

グランド整備、道具の手入れ、ルールを守る、
落ちているごみを拾うこともそうです。
当たり前のことを当たり前にする。

意外とやれていない人、
多いのではないでしょうか?

自分を正しく行動させ、
些細なことに気付ける。

こういったマインドを持つことで、
強い信念をもち野球に取り組めす。

変化をポジティブに考えれる

人間は変化する時、

今まで自分の持っていた
”情報”が無意味になり、
この先が予想できなくなります。

これがストレス、不安になるため
変化をネガティブに捉えがちです。

人間は現状維持を好みます。

上達する人間は、

現状維持は成長がない
と後ろ向きに考え、

変化を新しい情報が追加された
前向きに考えます。

今のバッティングから
変化して、上達する。

こう考えるようにしましょう。

失敗をポジティブに考える

上達する過程では、

失敗、上手くいかないは
つきものです。

ID野球で野球界を牽引した
野村克也氏の言葉で、

「負けに不思議な負けなし」
「失敗とかいて(せいちょう)と読む」

という言葉があります。

失敗には必ず原因があり、
その原因に上達するヒントが
あると考えます。

失敗の原因を分析し、
それを修正して次に臨む。

それの繰り返しで
バッティングも上達します。

失敗したときは、

「上達するチャンス、きたぁー!」
と前向きに考えましょう。

俯瞰して考えられる

失敗の原因を分析したり、
どう鍛えれば、上達につながるのか。

自分自身を第三者として、
見ることができる。

もう一つ意味があり、
チームや試合状況を考えられるか。

チームとして、
こういうバッティングが
求められてる、

試合状況をみて、
相手投手に球数を投げさせるために
粘る等

自分やチーム、試合状況など
俯瞰してみることで、

バッティングスキルと
野球脳が上達します。

俯瞰したことを
チームに共有することで

チームも成長できます。

俯瞰して気づいたことは、
ぜひチームに共有しましょう。

継続することを徹底している

一流の選手は
あきらめが悪く、
最後までやり抜きます。

心理学者の
アンジェラ・リー・ダックワース氏が
提唱する理論である

”GRIT”

1. Guts(ガッツ):困難に立ち向かう「闘志」
2. Resilience(レジリエンス):失敗してもあきらめずに続ける「粘り強さ」
3. Initiative(イニシアチブ):自らが目標を定め取り組む「自発」
4. Tenacity(テナシティ):最後までやり遂げる「執念」
これは、
「成功は才能ではなく、最後までやり抜くことが必要」
という理論です。
上達には、
実践して失敗したことを
修正してまた実践する。
これの繰り返しです。
この繰り返しを
継続できる人が一流になれます。
継続に才能は必要ないですよね?
最後までやり抜く信念が必要です。
トレーニングや努力を
ルーティン化して、
継続力を身につけましょう。
いかがでしたか?
今回は
バッティング上達に必要な要素
についてお伝えしました。
お伝えした内容は、
才能は関係なく
誰にでもすぐ実践できます。
全部一気にやろうとしないでください。
一つずつ
あなたができることから実践してください。
バッティングに変化が出たら、
ぜひ公式LINEで
僕に教えてくださいね。

今日はここまでです。

お読みいただき、
ありがとうございました!

P.S.

僕の公式ラインでは、
バッティング上達に関する
情報発信をしています!

コンテンツも配信していますので
ぜひこの機会に登録してみてください!

↓↓↓↓↓

↑の画像をタップして登録する!

コメント

タイトルとURLをコピーしました